昔から言われる言葉。

「テレビは、ほどほどに。」

こどもの頃は、目が悪くなるとか、頭が悪くなる。という理由だった。

大人になった今は、時間を食いつぶすから、ほどほどにしたいと思う。

今は、サブスクのネットフリックスやアマゾンプライム、YouTubeなどがあり、「テレビ」のコンテンツが昔よりはるかに魅力的だし、次のエピソードを自分のさじ加減で次々と見れる。自制しないと死ぬまで見れる。いや、勝手に次のエピソードが始まるので、死んでも見てるのかもしれない。

昔の同僚は、1時間テレビを見るのに100円入れないと見れない機械を導入した。機械に入った100円を数えて幻滅したらしい。なんて時間を無駄にしているのだと。

まあ、テレビを見て、人生観が変わったり、将来が変わることもあるから、無駄ではないとは思うが。

さて、テレビを見ている時間を有意義にするには、どうしたらいいのか。

頭を使わない何かをし「ながら」見るのがいいだろう。例えば、筋トレ、ダイエットなどをしながら見るとか。

いっそのこと、筋トレしてないとテレビが消えて見えなくなるように改造してしまいたい。

会社の顧客にそんな改造が得意そうな人がいるから相談してみよう。頭を使わなさそうなその相談中は、ネットフリックスがいいかな?