お年玉を米国株で払ってみる!!①

新年あけましておめでとうございます!

お年玉。子供の頃は、なんともいい響きでしたが、大人になって渡す側になるとなんとも禍々しい言葉に。

いや、「そんなつまらない人間でいいのかっ!」ということで、つまらない渡し方はやめて一緒に楽しめる渡し方を考えて実行することに。このゲーム(?)のルールは以下の通り。

下の子は、まったく意味は分かっておらず「うんとこしょどっこいしょ」の絵本の「株」の響きだけで、「米国株」を選択。上の子は、最初「現金」を選択したが、下の子があまりに”賞賛”されるので、釣られて米国株を選択。


これで、どちらも「米国株」を選ぶという、筋書き通りの流れになりました。計算できる上の子に釣られて下の子が「米国株」を選ぶというのがメインのシナリオでしたが・・・。


上の子に我慢することの大切さやちょっと経済を知ってもらう機会にしたいという狙いはあります。

いや、単純におもしろそうだからやってるだけです。ええ。


下の子がかなりお得になってしまうのですが、損益をわかりやすくするため投資額を同じにしています。どちらがいくら儲かっている、損しているのが一目でわかると日々の興味も違うでしょうから。

さて、どうなることか。つづく。